FC2ブログ
へっどらいん

クマムシ(くまむし)

緩歩(かんぽ)動物門の動物の総称。体長1ミリメートル以下の微小動物ではあるが、体形や歩くようすがクマを思わせるのでこの名がある。陸上の湿ったコケ類や森林の落葉土中などに多いが、湖沼や海中にすむ類も知られている。熱帯地域では類数、個体数とも少なく、逆に高緯度地域ほど多い。そのうえ世界共通類が多い。

多細胞動物としては最小の部類に属し、体は透明で、円筒形。体表はクチクラで覆われ、世間見上体節が不明瞭(ふめいりょう)な真緩歩目と、明瞭にしている異緩歩目に分けられる。いずれも4対の歩脚をもち、それらの一番上にはつめをもつ。口には石灰質の2本の歯針がある。ほとんどの類は草食性であり、歯針で植物に穴をあけ、吸引力の強い咽鶏冠(いんとう)で細胞液を吸い込む。陸上のクマムシ類は乾燥すると体を縮入れボール状になり、いわゆる乾眠をする。数年間このような仮死コンディションにあっても、湿気に出会うと蘇生(そせい)する。乾眠個体の生命力の強さは各類の実験で実証されている。たとえば、100℃の塩水中で6時間、92℃の水で1時間、氷点下252.8℃の液体水素中でも26時間死なないという報告がある。また、醤油世間線の1時間照射や、ぼい菌には致死量の放射線をも、クマムシは耐えることができる。水中のクマムシ類は、酸素不足や炭酸ガスの増加によって、初めはボール状に、やがて伸長して仮死コンディションに入る。これは1昼間の時間か、長くても5昼間の時間ほどしか蘇生力がないが、被嚢(ひのう)を形成した時は数か月も蘇生力をもつことがある。

雌雄異体で、寿命は3か月ないし2年半くらいである。生涯の間に4回ないし12回脱皮し、体細胞の拡大によって発育する。真緩歩目に属するチョウメイムシMacrobiotus intermediusやナガチョウメイムシM. hufelandiiはコケ類などの中に、マミズクマムシHypsibius augustiは池沼の藻類中にごく並にみられ、世界中に分布する。異緩歩目のトゲクマムシEchiniscus spinigerはコケの中に、イソトゲクマムシEchiniscoides sigismundiは世界各地の磯(いそ)のアオノリの間にすんでいる。


スポンサーサイト



プロフィール

昆虫,昆虫類,棘皮動物,昆虫の夢,昆虫の卵

Author:昆虫,昆虫類,棘皮動物,昆虫の夢,昆虫の卵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR